顎関節症

このようなことで困っていませんか?

[check]口を開け閉めすると音が鳴る
[check]口が開きにくい、開かない
[check]歯の噛み合わせに違和感がある
[check]口をしっかりと閉じれない
[check]顎の関節(耳穴の前)を押すと痛い。
[check]顎が外れたことがある。 
[check]食事をしていると顎がだるい、痛む。 
[check]顎がまっすぐ下に開かない。

☆顎関節症の原因☆

歯ぎしりや、歯のくいしばり

くいしばりは、肉体労働や仕事などに集中しているときに無意識でおこなっている場合が多く、就寝中にもよくおこります。
また、歯ぎしりというとギリギリと音がするイメージがありますが、音のしない歯ぎしりもあります。

ストレス

ストレスや精神的な緊張は筋肉を緊張させてしまい、くいしばりや夜間の歯ぎしりなどブラキシズムを引き起こします。

片噛み

左右どちらかの片方ばかりで噛む癖を偏咀嚼といいます。
偏咀嚼は片方だけに多くの負担がかかり顎関節症を引き起こします。

顎や筋肉に負担をかける癖や習慣

うつ伏せ寝や頬杖、あごの下に電話をはさむ、猫背などはあごや筋肉に余計な負荷をかけ発症の原因となります。

悪い噛み合わせ

噛みあわせについては、様々な論議がありますが、発症の原因の一つとして考えられています。
また、歯列矯正や歯科治療の失敗により噛みあわせの悪さを招くこともありますから歯科医師選びは慎重におこなうほうが良いでしょう。

顎関節症は、顎の関節自体に問題があると、歯医者や口腔外科では考えられているようですが、実際には、下顎のズレによって引き起こされていることが多いようです。

下顎のズレは、頬と下顎に付着する筋肉を、過剰に緊張させます。それが持続すると、全身の筋肉にも不必要な緊張が生じるために身体が歪んできます。背骨や骨盤までも歪んでくるのです。

下顎のズレは、脳に大きなストレスを与えるため、自律神経のバランスを崩す原因にもなります。その結果、全身に様々な症状が生じます。

☆顎関節症のポイント☆

顎関節症でも、最初から顎の関節を調整することはしません。
初診時は、全身の歪みをチェックし、歪んでいる部分を意識しながら体のバランスを整えます。特に骨盤の中心にある仙腸関節の矯正を重視します。骨格と筋肉が整い安定してくると、それだけで額関節が正しい位置に修正され、症状が軽減したり、解消する人もいます。

全身の調整だけでは、充分でない場合は、顎の関節を直接調整したり、顎の筋肉の緊張を緩めたり、顎の開閉に関係する肋椎関節や頭蓋骨を調整したりします。

これで、たいていの顎関節症は解消ないし大幅に改善します。